×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クチコミ マルニの学習机はいいですよ

マルニの学習机ですがブックスタンドにも工夫がしてあります。ブックスタンドの間仕切り板なんですが自由にスライドさせることができるんです。
収納する本の量に合わせて間仕切り板の位置を調節できるのでこれは便利です。

将来的に学習机にPCを置くことも予想されますよね。書棚の棚板を外せばデスクトップ型のPCを置くスペースを確保できます。
しかもブックスタンドには2口コンセントも用意されていて。学習机の上にPCを配置するとなれば電源がいえいますね。
ブックスタンドのコンセントを利用すれば配線はスッキリです。
それからチェアーの高さ。調整はできるのかきになるところ。木製のチェアーなら4段階で座面の高さを調整できます。
小学生の間にに30cmから40cmくらい身長が伸びてきます。学習机のチェアーなら高さ調節できる機能は必要不可欠ですね。
ガス圧を利用した座高調整機能が付いたチェアーもあるんですよ。無断階で高さ調節ができますから最適な高さに調節できます。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

学習机の理想形とは

学習机は小学校から高校まで、あるいはもっと使用されます。
中学校から高校にかけての成長期には1年間で5cmほど、中には10cm近く身長が伸びる生徒もいます。
ということは学習机も子供の成長に合わせてデスクと椅子のサイズ設定を変更できないと困るわけです。
日本工業規格(JIS規格)には「学校用家具」といのがあります。学校で使用する机やら椅子のサイズを定めた規格なんですがね。
その規格だと標準身長を基準として机と椅子のサイズを6つのレベルに分けています(105センチ、120センチ、135センチ、150センチ、165センチ、180)。
小学校から高校まであらゆる身長に対応できるように規格が定められているわけです。

学習机のメーカーによってはこの規格に基づいて学習机のサイズを設定しているようです。
勉強を行う際の理想の姿勢ですがね、かかとが地面についている姿勢、と言われてるんです。
この姿勢が保てないと集中力が保てずに結果、勉強の効率が落ちくる可能性があるというわけです。姿勢が悪いと視力の低下にもなりますしね。
マルニの学習机はこういう点でもおすすめできます。

学習机はどこで購入するか

学習机の購入先。家具量販店であるという人が多いと思います。学習机を選ぶ際は実際に触れて機能やデザインを確認したほうがいいでしょう。
家電量販店以外でも購入できます。たとえば通信販売とか。インターネット経由でも学習机を購入する人も近年増えてきてるんだとか。

通信販売やインターネットで購入するメリットとしては費用でしょう。店舗で購入する場合に比べて安く抑えることができますね。
とはいえ購入後に自宅に届いた実物を見て「こんなはずではなかった」と思うケースも少なくないはず。
学習机は長期間使用するものですし高価な買い物です。実物を見て判断するほうが無難かもしれません。
できるだけ多くの学習机が展示されている家具屋さんに行きましょう。メーカーも色々あって各種の学習机が発売されています。
機能性を重視するのか、はたまたデザインを重視するのか。それとも子供の趣味を優先するのか。大いに悩んでください。
そうそう。家具屋で実際に見て、気に入った商品をインターネット経由で購入するという方法もあります。
電化製品は故障したときのアフターサービスのことを考えて近場の量販店で買うという人が多いようですが学習机は電化製品ほど故障することはありませんからね。
アフターサービスのことを考える必要はあまりないと思います。
インターネットで検索すれば一番安く購入できる店舗を探すことができます。
お子さんが学校に入学する際には学習机以外にもモノイリです。可能な範囲で出費は抑えたいものです。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 マルニの学習机@クチコミnavi